中世祭り。 in Provin

所属するグループのカンファレンスが木金の2日間に渡ってParisのオフィスで開かれ、これに参加。週末はそのまま居残って、観光することにした。

Parisの友人と、Parisの郊外、電車で1時間ほどいったProvinという街で行われている中世祭という奴に足を運ぶ。

聞けば、中世風の衣装を身に纏っていれば入場料が無料ということになるらしく、そのせいか、あるいは、中世マニアというべきか、仮面をかぶった人や、剣を腰に挿した人や、結構本格的に気合の入った格好をしている者が、Parisからの電車内で既に見受けられた。

Provinという街はほんの小さな可愛らしい古い街で、緑も多く、Parisから少ししか離れていないのに、情緒漂っていてよい。
c0105551_0182015.jpg
c0105551_0195921.jpg
c0105551_0201241.jpg
そして、街に入ると、中世風の衣装を着た人で溢れている。中には、何だかよくわからない格好をしている者から、Scotlandのバグパイプの演奏をする者、日本の武将と思しき兜を被り、鎧を着た者もいる。何でもありらしい…。
c0105551_0212790.jpg
c0105551_0154249.jpg
c0105551_0163861.jpg
c0105551_0171659.jpg
適度に空腹感を感じた頃に頂いたのは、中世風の豪快な料理。赤ワインに合ってまずまずの味。
c0105551_0224344.jpg
c0105551_0225853.jpg
とても小さな街なので、あっさり散策も終るかと思った食後、急に滝のような雨が降り出し、立ち往生を強いられる。

雨が上がった頃にはいい時間になっていたので、最後に、猛禽類のショウというものを見に行く。
c0105551_0274126.jpg
これが、想像以上に面白いイベントだった。鷹や鷲、鳶、梟といった数多くの猛禽類が空に放たれ、観客の頭をかすめるようにして飛び回る。
c0105551_035672.jpg
c0105551_0351934.jpg
c0105551_0353377.jpg
c0105551_0354639.jpg
c0105551_03652.jpg
何だか不思議な街のフェスティバルだった。が、お祭は楽しんでなんぼ、そんな風に皆それぞれのスタイルで自分らしく楽しんでいるのが素敵だった。
[PR]

  by gentlemandinner | 2008-06-14 19:52 | travel

<< スキミング!? 研修。 in Paris >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE