<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

向かった先は・・・。

ロンドン・ウォータールー駅。
大学時代の友人と待ち合わせ。
c0105551_11324013.jpg

ウォータールー駅といえば、ロンドン発パリ行のユーロスターが出る駅。この時期になぜパリなのか。

こっちに来てからというもの、

「今しかできない、今だからやろう。」

この想いに突き動かされて、極端に軽くなったフットワークに、何度となく支えられて行動してきました。

今回のパリ行も、つい先日、友人とピカデリーで飲んだときに、

「ロンシャン行ってみない?」

の一言で始まった企画。

彼は、根っからの競馬好きの商社マン。

私自身は、日本にいたときには、テレビで見ること自体は好きでしたが、馬券を買ったことも競馬場に行ったこともありませんでした。

でも、

そもそも、ヨーロッパの競馬という文化にもちょっと触れてみたいという好奇心。

ましてや、日本の名馬が世界の大舞台で走る姿を目にしてみたいという欲望。

そして、都合がいいことに、パリは近い。

加えて、食事も美味しい。

となれば、行ってみるしかありません。

初めてのユーロスターに揺られ、
c0105551_11325538.jpg

オペラ座の近くで明日の入場券を引き取り、
c0105551_11335228.jpg

そう言えば、6年ほど前に来たときはオペラ座は工事中だったなぁと、過去を振り返りつつシャッターを切り、
友人がエッフェル塔にのぼりたいと言うので、
c0105551_11353898.jpg

行ってみたものの、大混雑で途中で。。。
c0105551_1136257.jpg

挫折。。。
c0105551_11361730.jpg

凱旋門まで地下鉄に乗って、
c0105551_11365917.jpg

凱旋門近くのホテルにチェックイン後、

シャンゼリゼに繰り出し、
皿いっぱいのオイスターとワインを堪能して、

「あ、あ、パリだー。。。」

と感無量。

多分、この感動は「美食の国 日本」から来たのでは分かり難いと思います・・・。
[PR]

  by gentlemandinner | 2006-09-30 22:18 | travel

Big Game vs Liverpool

こちらのお客さんは、よく言えば目の肥えた人が多く、悪く言えばはっきりしています。

今日の相手Liverpoolは、サッカーファンの方なら誰もが覚えていらっしゃるでしょう、2年前に、イタリアの強豪AC Milanを相手に前半0-3から追いつき、PK戦の末にUEFA Champions Leagueを制した、イングランドでも人気の古豪です。今シーズン、FWにオランダ代表のディルク・カイトを獲得し、中盤にイングランド代表の核スティーブン・ジェラード、スペイン代表のルイス・ガルシア、シャビ・アロンソを擁し、相手としては厄介な存在です。

普段は比較的穏やかなStamford Bridgeもこんな相手に対峙するいわゆる”Big Game”の際には、スタジアムの雰囲気が変わります。サポーターは早くから集まって、愛すべきChelseaの選手たちに声援をおくり、歌を歌って鼓舞します。一角に固まったLiverpoolサポーターも、数では負けているものの、Londonまでやってくるだけあって、そこはコアなファンたち。Chelseaサポーターに負けじと大合唱。こんな雰囲気はサッカーの本場ならではの楽しみですね。

いつもながら、いまひとつしっくりかみ合わない戦いぶりですが、それでも勝ってしまうのがChelseaというチーム。Didier Drogbaの素晴らしいゴールで勝利をおさめました。
[PR]

  by gentlemandinner | 2006-09-17 08:09 | football

UEFA Champions League 開幕戦 vs Bremen

UEFA Champions League。UEFA(欧州サッカー連盟)が、毎年9月から翌年の5月にかけて実施するヨーロッパのクラブチームの大会です。1955年にUEFA Champions Cupとして始まり、1992年からUEFA Champions Leagueとして再編成されました。

ChampionsのLeague戦の名にふさわしく、前年のヨーロッパ各リーグ戦の上位チーム(権威あるリーグ(たとえば、イタリア、イングランド、スペイン)からは、優勝チーム+αが出場。)が集まり、年内までに1次リーグが行われ、年が明けてから、5月にかけてホーム&アウェーのトーナメント戦が実施されます。ヨーロッパクラブシーンにおける最も権威ある国際大会であり、勝ち上がるごとにクラブには莫大な収益が分配され、優勝チームは名実共にヨーロッパNO.1の称号を得られることになります。

ちなみに、過去の優勝国は末尾。いずれも伝統ある強豪ですね。今年はChelseaがここに名前を連ねるものと信じて応援していきたいと思います。

今日は、2006/2007の開幕戦となるゲーム。Chelseaは、1次リーグで、ロナウジーニョ率いるBarceronaとドイツの強豪Bremenと同居してしまい、なかなか厳しい道を進まなければなりません。

いつもながら重たい試合運びをしつつ、バラックのPKなどで順当に勝利をおさめました。まずは好発進!アテネ(今シーズンの決勝の舞台。)までついていければなぁと期待を抱いています。
c0105551_8465235.jpg

1955/56 レアル・マドリード 4 - 3 スタード・ランス
1956/57 レアル・マドリード 2 - 0 フィオレンティーナ
1957/58 レアル・マドリード 3 - 2 ミラン
1958/59 レアル・マドリード 2 - 0 スタード・ランス
1959/60 レアル・マドリード 7 - 3 フランクフルト
1960/61 ベンフィカ 3 - 2 バルセロナ
1961/62 ベンフィカ 5 - 3 レアル・マドリード
1962/63 ミラン 2 - 1 ベンフィカ
1963/64 インテル 3 - 1 レアル・マドリード
1964/65 インテル 1 - 0 ベンフィカ
1965/66 レアル・マドリード 2 - 1 パルチザン・ベオグラード
1966/67 セルティック 2 - 1 インテル
1967/68 マンチェスターU 4 - 1 ベンフィカ
1968/69 ミラン 4 - 1 アヤックス
1969/70 フェイエノールト 2 - 1 セルティック
1970/71 アヤックス 2 - 0 パナシナイコス
1971/72 アヤックス 2 - 0 インテル
1972/73 アヤックス 1 - 0 ユベントス
1973/74 バイエルン・ミュンヘン 1 - 1、 4 - 0(再試合) アトレティコ・マドリード
1974/75 バイエルン・ミュンヘン 2 - 0 リーズ
1975/76 バイエルン・ミュンヘン 1 - 0 サンテティエンヌ
1976/77 リヴァプール 3 - 1 メンヘングラートバッハ
1977/78 リヴァプール 1 - 0 クラブ・ブルージュ
1978/79 ノッティンガム・フォレスト 1 - 0 マルメ
1979/80 ノッティンガム・フォレスト 1 - 0 ハンブルガーSV
1980/81 リヴァプール 1 - 0 レアル・マドリード
1981/82 アストン・ヴィラ 1 - 0 バイエルン・ミュンヘン
1982/83 ハンブルガーSV 1 - 0 ユベントス
1983/84 リヴァプール 1 - 1 (4 - 2) PK戦 ローマ
1984/85 ユベントス 1 - 0 リヴァプール
1985/86 ステアウア・ブカレスト 0 - 0 (2 - 0) PK戦 バルセロナ
1986/87 ポルト 2 - 1 バイエルン・ミュンヘン
1987/88 PSV 0 - 0 (6 - 5) PK戦 ベンフィカ
1988/89 ミラン 4 - 0 ステアウア・ブカレスト
1989/90 ミラン 1 - 0 ベンフィカ
1990/91 レッドスター・ベオグラード 0 - 0 (5 - 3) PK戦 マルセイユ
1991/92 バルセロナ 1 - 0 サンプドリア
1992/93 マルセイユ 1 - 0 ミラン
1993/94 ミラン 4 - 0 バルセロナ
1994/95 アヤックス 1 - 0 ミラン
1995/96 ユベントス 1 - 1(4 - 2) PK戦 アヤックス
1996/97 ドルトムント 3 - 1 ユベントス
1997/98 レアル・マドリード 1 - 0 ユベントス
1998/99 マンチェスターU 2 - 1 バイエルン・ミュンヘン
1999/00 レアル・マドリード 3 - 0 バレンシア
2000/01 バイエルン・ミュンヘン 1 - 1(5 - 4) PK戦 バレンシア
2001/02 レアル・マドリード 2 - 1 レバークーゼン
2002/03 ミラン 0 - 0 (3 - 2) PK戦 ユベントス
2003/04 ポルト 3 - 0 モナコ
2004/05 リヴァプール 3 - 3 (3 - 2) PK戦 ミラン
2005/06 バルセロナ 2 - 1 アーセナル
[PR]

  by gentlemandinner | 2006-09-12 23:47 | football

湖水地方②。

一日しかないので、現地ツアーを申し込み、駆け巡ってきました。
このツアーはまさに「駆け巡る」という言葉にふさわしく、マイクロバスでひたすらドライブ。ところどころにショートストップしてくれるものの、ガードレールがなくとも、石垣に挟まれた細い道であろうとも、ドライバーのすばらしい(?)運転技術によって、効率良く(汗)、旅は進んでいきます。

山々、丘、湖、そして羊たち。。。2年前に見た北欧のフィヨルドのような厳しさはないけど、ゆったりとした、とても癒される大自然でした。
c0105551_921924.jpg
c0105551_923244.jpg
c0105551_925037.jpg
c0105551_931583.jpg
c0105551_932864.jpg
c0105551_934957.jpg
c0105551_94154.jpg

そして、今日も昼食にビール。を飲んだのは良かったが、、、バスの運ちゃんがストップしてくれないので、後でちょっと後悔。。。

帰りの電車が出る5分ほど前にツアーが終了したので、バスを降りて、駅に駆け込み、、、懲りずにビールを買い込み。気持よーくなって、電車に揺られてLondonまで帰りました。
[PR]

  by gentlemandinner | 2006-09-11 23:54 | travel

湖水地方。

つい先日語学のテストが終了。

大学のサークルからの付き合いで、1年前からロンドン大学に来ている友人と何とはなしに、Skypeをしていました。

そんな中。

友人 「湖水地方行かない?」

私   「いつ?」

友人 「あさってから。」

私   「おー行く×2」

日本からのイギリスのツアーにも含まれていることの多い有名な観光地であることは認識していましたが、このときは実際どこにあるのかよく知りませんでした。もっと正確に言うならば、Cotswolds(ロンドンから日帰りも可能な落ち着いた村、街が点在している地方。)と勘違いしていたような気がします。

Eustonで待ち合わせて、一路湖水地方へ。こんなことももう慣れっこですが、途中で1時間電車がとまり、そのおかげで乗継駅のOxenholmに到着した頃には乗るべきだった電車はとっくに出てしまっていました。
c0105551_13111428.jpg
c0105551_13112490.jpg

1時間ほど駅で待ちぼうけをして、湖水地方の入り口であるWindermereに到着したのは、夕方近くになっていました。
c0105551_13114691.jpg

ホテルにチェックイン後、湖行ってみようよと出掛け、ビール好きの彼と湖畔でビールをあおり。。ふらふらと湖畔、牧場を歩いて、いい気持になりました。
c0105551_13121379.jpg
c0105551_13122491.jpg
c0105551_13124213.jpg
c0105551_13125882.jpg
c0105551_13131338.jpg
c0105551_13132672.jpg
c0105551_13133620.jpg

今日のディナーは、イギリス名物フィッシュ&チップスをつまみながら、やっぱりビール。

明日の湖水地方ツアーに想いを馳せつつ、いや、酔っ払って気分良く眠りにつきました。
[PR]

  by gentlemandinner | 2006-09-10 12:51 | travel

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE