Somerset House。

Londonで迎える初めての年末。クリスマス後もイルミネーションの残るLondonの街を、Bond Streetの辺りから、トラファルガー広場を左手に眺めつつ、コベントガーデンまでやってくる。トラファルガー広場のツリーは第2次世界大戦中に英国に助けられたオスロ市から毎年贈られているものらしい。
c0105551_10555128.jpg
c0105551_1056183.jpg
c0105551_10563719.jpg
そして、今日の一番の目的は、テムズ川の河畔Strandに建てられたSomerset Houseでのスケーティングである。
c0105551_10202247.jpg
先日のTower of Londonでのそれに飽きたらず、やはり、最も人気の高いこの場所のリンクを楽しみたくなってしまった。Somerset Houseは、元々16世紀に建てられたエドワード6世の叔父に当たるサマセット公爵の宮殿であり、現在は、印象派の絵画を所蔵するコートールド・ギャラリー等、幾つかの美術館がその中にある。そして、口の字型をしたこの建物の中庭に設置されるアイスリンクが、そこに合わせて設置されるツリーと共に、Londonの冬の風物詩の1つとなっている。

宝飾ブランドTiffany & Co.がスポンサーとなっているためか、アイスリンクは水色のTiffany色に照らされていて美しい。が、その周りに立つ炎の演出や、大音量でかかる音楽のアレンジが、その風情を些か壊してはいないだろうか…。
[PR]

  by gentlemandinner | 2007-12-30 23:14 | london life

<< オペラと花火で祝う大晦日。 Chelsea 2-1 New... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE