2007年 12月 15日 ( 1 )

 

荒んだ夜の空気。 in Amsterdam

予てから注文していたチケが届かず、ギリギリまで待つことにして直前にフライトを変更。この時点で当初予定していたヨーロッパ有数の音楽ホールとも言われるコンセルトヘボウでの音楽鑑賞は諦めることになった(色々とご教示頂いた皆さん、ごめんなさい。)。

が、結局チケが届くこともなく、現地調達に期待してLondon-Lutonの空港に向かったのが午後4時頃のこと。辺りは既に暗くなっている。Amsterdamへの飛行時間は50分と短く、うつらうつらしかけたところを、着陸時の激しい揺れで叩き起こされた。Schiphol空港には以前北欧を回ったときにトランジットのため降り立ったことがあるが、この国を訪れるのは初めてである。それにしても、最近は小さい街ばかり訪れていたので、この巨大な空港は新鮮な感じさえする。

空港からAmsterdamの中央駅には鉄道で20分ほど。ほどなく街中に到着。中央駅からまっすぐに延びるダムラック通りはネオンで溢れていてある意味想像していた街の形に近い。
c0105551_523553.jpg

暗くなってからの到着は街中の様子が分かり難く、自然と行動範囲が限られるのだが、クリスマス時のイルミネーションなども少し眺めたいと思い、食事がてらホテルを出た。
c0105551_5251590.jpg
c0105551_5262062.jpg

ご存知の通り、他の先進国では通常禁止されているアレやコレがこの国では許されており、街中には、Coffee Shop(Cafeではない。)が至るところに見受けられ、鼻につく匂いが漂っていたり、視線の定まらない人々が徘徊していたりもして、やや荒んだ空気も感じる。この日は狭い範囲を散策して、終えた。
[PR]

  by gentlemandinner | 2007-12-15 23:14 | travel

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE